ゴールドとプラチナの価値はどっちが上?|希少性や資産性を徹底比較

お問い合わせ LINEお問い合わせ

ゴールドとプラチナの価値はどっちが上?|希少性や資産性を徹底比較

ゴールドとプラチナの価値はどっちが上?|希少性や資産性を徹底比較

2024/04/29

ゴールドとプラチナの価値はどっちが上?|希少性や資産性を徹底比較

金やプラチナは高価な貴金属で指輪やネックレスなどのアクセサリーに使われることが多いです。

そんな金やプラチナは希少性や資産性でどっちが上なのでしょうか?

解説したいと思います。

目次

    ゴールドとプラチナの価値はどっちが上?

    ゴールド(金)とプラチナの価値については、市場価格に基づく変動がありますが、通常、プラチナは金よりも希少であり、その密度や耐久性が高いため、一般的にはプラチナの方が高価とされることが多いです。

    しかし、市場の需要と供給により、金の価格がプラチナの価格を上回ることもあります。

    したがって、投資や購入を検討する際には、その時点の市場価格を確認することが重要です。

    また、文化や地域によって、金とプラチナの価値観が異なる場合もあります。

    ゴールドとプラチナの違い

    ゴールド(金)とプラチナはどちらも貴重な金属で、ジュエリーや投資の対象として広く利用されていますが、いくつかの点で異なります。

     

    1.物理的特性

    ゴールド: 自然な状態で非常に柔らかく、純金は容易に形を変えることができます。そのため、ジュエリー製造にはしばしば他の金属と合金を形成して硬度を上げます。

    プラチナ: ゴールドよりも密度が高く、非常に耐久性があります。また、非常に希少で、融点が高いため加工が難しいです。自然な状態でもかなり硬いため、ジュエリーに使われる際も純度が高いことが多いです。

     

    2.化学的特性

    ゴールド: 錆びたり変色することがほとんどありません。

    非常に安定した金属で、空気や水、多くの化学物質に対して非常に強い抵抗力を持っています。

    プラチナ: ゴールド同様に非常に安定しており、腐食や酸化が非常に少ないですが、高温下での反応性はゴールドよりも若干高いです。

     

    3.価格と市場

    ゴールド: 長い歴史を通じて、特に金融市場での安全資産としての役割を果たしています。

    経済的な不安やインフレ期には、価値の保存手段として需要が高まります。

    プラチナ: 希少性と生産量の少なさから、一般的に高価ですが、需要が自動車産業の触媒やジュエリーに限られるため、市場の変動が激しいことがあります。

     

    4.用途

    ゴールド: 貨幣、ジュエリー、電子機器のコンポーネント、歯科材料など、広範囲にわたる用途があります。

    プラチナ: 主にジュエリー製造、自動車の触媒コンバーター、医療機器、化学反応の触媒として使用されます。

     

    これらの違いから、用途や投資目的によってどちらの金属が適しているかが異なります。

    ゴールドとプラチナの需要と供給

    ゴールド(金)とプラチナの需要と供給については、それぞれの金属が持つ特性と市場の状況によって異なります。

    ここでは、各金属の需要と供給の主な要因を概観します。

    ゴールドの需要と供給

    需要

    投資: 経済的な不安定さやインフレ期において、安全な避難先としての需要が高まります。

    金は伝統的に価値の保存手段と見なされています。

     

    ジュエリー

    世界的に金ジュエリーは非常に人気があり、特にインドや中国では文化的な重要性も相まって大きな需要があります。

     

    工業用途

    電子機器での使用が主です。金は優れた導電性と耐腐食性を持っているため、高性能要求の電子部品に使われます。

     

    供給

    金の主な生産国には中国、オーストラリア、ロシア、アメリカ合衆国などがあります。

    鉱山からの採掘が主な供給源であり、リサイクルされる金も市場に再び供給されます。

    プラチナの需要と供給

    需要

    自動車産業: 触媒コンバーターの製造にはプラチナが必要です。

    特にディーゼルエンジンでの需要が高いですが、電気自動車の普及による影響も考慮する必要があります。

     

    ジュエリー

    プラチナはその希少性と耐久性から高級ジュエリーの材料として人気があります。

    工業用途: 化学産業での触媒や医療機器など、多岐にわたる用途があります。

     

    供給

    プラチナの主な生産国は南アフリカが最大で、その後ロシア、カナダ、ジンバブエが続きます。プラチナは非常に希少で、採掘が困難であるため、その供給は限られています。

     

    両金属とも市場の需要と供給は世界経済の影響を受けやすいです。

    特に経済的な不確実性の高まりや地政学的な緊張は、金の価格を急上昇させることがあります。一方で、プラチナはその産業用途に大きく依存しており、自動車産業の動向によって需要が大きく変動することがあります。

    ゴールドの価値 今後の見通し

    ゴールド(金)の価値に関する今後の見通しについては、多くの要因に左右されるため、正確な予測は難しいですが、以下のような要因が価格に影響を与えることが考えられます。

     

    経済的不確実性

    金は伝統的に「安全な避難先」とされ、経済的不安や市場の混乱時に投資家が資産を保護するために購入することが多いです。

    世界的な経済状況、特にインフレ率の上昇や通貨の価値低下が予想される場合、金の価値は上昇する傾向にあります。

     

    金利と米ドルの価値

    金は利息を生まない資産であるため、利息率の低下(特に実質金利がマイナスの場合)は金の魅力を高め、価格を押し上げることがあります。

    また、米ドルが弱まると、ドル建ての金価格は上昇する傾向にあります。

     

    中央銀行の政策

    世界各国の中央銀行が金を保有しているため、これらの機関が金の購入を拡大すると、金の価格に上向きの圧力がかかることがあります。

     

    地政学的な緊張

    戦争や政治的な危機など、地政学的な緊張が高まると、不安定な投資環境から安全な資産への逃避が見られ、金の価格が上昇することがあります。

     

    供給と需要

    採掘量の変動、新たな鉱床の発見、または採掘技術の進展も金価格に影響を及ぼします。

    一方で、ジュエリー産業やテクノロジー分野での需要も金価格を動かす要因です。

     

    これらの要因を踏まえると、金の価値は依然として強固な投資対象と見なされていますが、具体的な投資判断に際しては、最新の市場データや経済指標、専門家の分析を参考にすることが重要です。

    プラチナの価値 今後の見通し

    プラチナの価値に関する今後の見通しを考えるにあたって、いくつかの主要な要因を考慮する必要があります。

    プラチナは産業用途が多いため、その市場価値は技術的進歩や経済動向に敏感に反応します。

     

    1.主な要因

    自動車産業の影響

    プラチナは自動車の触媒コンバーターに不可欠ですが、ガソリン車と比較してディーゼル車に多く使われています。

    欧州を中心にディーゼル車の需要が減少しているため、この点がプラチナ需要に影響を与える可能性があります。

    電気自動車(EV)の台頭は、長期的にはプラチナ需要を減少させる要因と見られていますが、短中期では燃料電池車(FCV)の使用や新しい排出ガス基準により一部で需要が維持される可能性があります。

     

    投資需要

    金と同様にプラチナも投資商品としての需要がありますが、金ほどの「安全資産」とは見なされていません。

    経済的不確実性の時期には、プラチナも価値の保存手段として一定の需要が見込まれます。

     

    地政学的リスク

    プラチナの主な産出国は南アフリカであり、この地域の政治的・経済的安定性がプラチナ供給に大きく影響します。

    南アフリカでの労働争議や政治的不安は、供給の途絶につながり価格上昇を招くことがあります。

     

    新技術との関係

    プラチナは高い耐熱性と触媒効果を持っているため、化学工業や石油精製、さらには医療技術など、新しい技術分野での用途拡大が予想されます。

    特に環境対策技術の進展はプラチナ需要を後押しする可能性があります。

     

    2.価値の見通し

    プラチナ価格は、これらの要因に大きく左右されるため、市場や技術の動向に注意深く目を向ける必要があります。

    特に、自動車産業の技術革新や市場動向、南アフリカの産業状況、投資市場での評価などがキーポイントになります。

    経済全般の状況や金融政策の変化もプラチナ価格に影響を与えるため、これらの要素を総合的に考慮することが重要です。

    ゴールドとプラチナの希少性比較

    ゴールド(金)とプラチナの希少性について比較すると、プラチナがより希少であるとされます。

    以下にその理由を詳しく説明します。

    地球上での存在量

    プラチナは地球の地殻中で非常に少ない金属であり、その存在量は金よりもはるかに少ないとされています。

    プラチナは特定の地域(特に南アフリカ、ロシアなど)に集中しており、採掘が困難な場所に存在することが多いです。

    ゴールドはプラチナに比べて地殻中に広く分布していますが、それでも他の多くの元素に比べると希少な部類に入ります。

    金は比較的容易に採掘できる場所が多いため、プラチナよりも広く入手可能です。

    年間の生産量

    プラチナの年間生産量は非常に限られており、約190トン程度(2020年のデータによる)です。これは金の年間生産量と比較するとかなり少なく、金が約3,000トン以上生産されているのと対照的です。

    プラチナのこのような低い生産量はその希少性をさらに強調しています。

    産業用途と需要

    プラチナは特定の工業用途(特に自動車の触媒コンバーター、医療機器、化学産業の触媒など)に非常に重要であり、これらの分野での需要が高いです。

    そのため、プラチナの供給が限られている状況では、その価格と希少性がさらに強調されます。

    ゴールドは投資や貨幣、ジュエリーとしての需要が非常に高く、そのための生産量もプラチナよりはるかに大きいです。

    しかし、金も希少金属であるため、その価値は常に高く評価されています。

    このように、プラチナはゴールドに比べて地殻中の存在量が少なく、年間の生産量も少ないため、希少性が高いとされています。

    ただし、両金属とも市場で高い需要を持っており、それぞれが独自の価値を持っていることは間違いありません。

    ゴールドとプラチナの資産性比較

    ゴールド(金)とプラチナの資産性を比較する際、いくつかの要素を考慮する必要があります。

    主に投資としての安定性、市場の流動性、価格変動性、そして用途の広さが評価のポイントとなります。

    投資としての安定性

    ゴールド

    金は歴史的に安定した投資資産として評価されており、経済的な不安やインフレ期に特に価値が高まります。

    また、世界的な通貨としての役割も持ち、経済危機の際に「安全な避難先」とされることが多いです。

     

    プラチナ

    プラチナも貴金属としての価値がありますが、その価格はゴールドよりも産業需要に大きく左右されるため、市場価格の変動が激しいです。

    特に自動車産業の需要が影響を与え、市場の動向によっては価格が大きく変動することがあります。

    市場の流動性

    ゴールド

    金は世界的に流通しており、金融市場でも容易に取引されるため、流動性が非常に高いです。

    小規模な投資から大規模な国家レベルの保有に至るまで、多様な取引が可能です。

     

    プラチナ

    プラチナも取引可能な金属ですが、市場の規模が金ほど大きくないため、流動性はゴールドに比べて若干低いとされます。

    しかし、特定の市場での需要が高い時期には、活発に取引されることもあります。

    価格変動性

    ゴールド

    金の価格は比較的安定しており、長期間にわたって価値を保つ傾向があります。

    市場の不安定な時期でも価格が保たれることが多く、インフレに対するヘッジとしても機能します。

     

    プラチナ

    プラチナの価格は、その産業用途によって大きく変動します。

    例えば、自動車産業の景気が良い時には価格が上昇しますが、逆に市場が縮小すると価格が急落することがあります。

    用途の広さ

    ゴールド

    金はジュエリー、金融商品、工業製品など、非常に広い範囲で使用されます。

    その用途の多様性が、長期的な需要を支えています。

     

    プラチナ

    プラチナもジュエリー製造や工業用途(特に触媒)で重要ですが、その主要な用途が限定されているため、特定の産業の影響を受けやすいです。

     

    総じて、ゴールドはその歴史的背景と広範な用途により、安定した投資資産としての地位を確立しています。

    プラチナも貴重な金属ですが、その価値はより市場の動向に敏感で、変動が大きいため、投資としてのリスクとリターンを十分に理解した上で扱う必要があります。

    ゴールドとプラチナの宝飾品としての比較

    ゴールド(金)とプラチナを宝飾品として使用する場合の比較をすると、それぞれに特有の特性があり、利用シーンや個人の好みによって選ばれることが多いです。

    以下に主な特徴をまとめます。

    ゴールド(金)

    色と光沢

    ゴールドはその独特の輝く黄金色が最大の特徴です。ピンクゴールドやホワイトゴールドなど、合金の種類によって色味が異なります。

     

    柔軟性と加工性

    純金は非常に柔らかく、加工が容易です。これにより、細かいデザインや複雑な形状のジュエリー作成が可能になります。

    ただし、実用的な強度を持たせるためには、他の金属を混ぜて合金を作ることが一般的です。

     

    耐久性

    ゴールドは非常に安定した金属で、空気や湿気による腐食や変色がほとんどありません。

     

    象徴性と価値

    金は長い歴史を通じて富と地位の象徴とされてきました。

    ウェディングリングなどの重要なアイテムに使われることが多いです。

    プラチナ

    色と光沢

    プラチナは自然な白色が特徴で、時間が経ってもその色と光沢が失われにくいです。

    これにより、ダイヤモンドなどの透明感のある宝石と非常によく合います。

     

    硬度と耐久性

    プラチナはゴールドよりも硬く、非常に耐久性が高いです。

    そのため、日常的に身に着けるジュエリーに適しており、石の落ちにくいセッティングが可能です。

     

    重量感

    プラチナはゴールドよりも密度が高く、重量感があります。

    これが高級感を演出し、一部の人々にはこの重みが高い価値を感じさせる要因となっています。

     

    価格と希少性

    プラチナは生産量が限られており、その希少性から高価です。

    また、加工が難しいため、製品としてのコストも高くなりがちです。

    使用シーン

    ゴールド

    トラディショナルなデザインに向いており、幅広い色のバリエーションで異なるスタイルに合わせやすいです。

     

    プラチナ

    モダンなデザインや、高級感を強調したい場面で好まれます。

    特にエンゲージリングや結婚指輪によく使用され、その耐久性から長期にわたって身に着けることができます。

     

    このように、ゴールドとプラチナはそれぞれ異なる特性を持っており、ジュエリーとしての用途や好み、予算に応じて選ばれます。

    ゴールドとプラチナの結婚指輪としての使い勝手

    ゴールドとプラチナは結婚指輪として非常に人気がありますが、それぞれの特性が異なるため、使い勝手にも差があります。

    以下にゴールドとプラチナの結婚指輪としての主な特徴と使い勝手について詳述します。

    ゴールドの結婚指輪

    1.特徴

    色の多様性: ゴールドはイエローゴールド、ホワイトゴールド、ローズゴールドなど、色のバリエーションが豊富です。

    加工の容易さ: 柔らかい金属であるため、様々なデザインや模様を施しやすいです。

     

    2.使い勝手

    柔軟性: 純度に応じて硬さが異なりますが、通常は18K(75%ゴールド)が結婚指輪に用いられることが多く、適度な硬さと耐久性を持ちます。

    メンテナンス: ゴールドは他の金属と比べて柔らかいため、傷が付きやすく、時々の磨きが必要です。また、ホワイトゴールドは定期的にロジウムメッキの再施工が必要です。

    プラチナの結婚指輪

    1.特徴

    耐久性: プラチナは非常に耐久性が高く、重い負荷や日常的な使用に強いです。

    : 自然な白色が特徴で、時間が経っても色が変わることはほとんどありません。

    2.使い勝手

    重量感: 密度が高く重量感があります。これにより高級感を感じることができますが、日常的に指に重さを感じることがあるかもしれません。

    メンテナンス: プラチナはその硬度と耐腐食性により、ゴールドに比べてメンテナンスが少ないです。傷がつきにくく、変色することもほぼありませんが、使用によって微細な傷が表面に「パティナ」として現れることがあり、これが独特の風合いをもたらします。

    結論

    結婚指輪としての選択にあたっては、以下のような点を考慮するとよいでしょう。

     

    ライフスタイル

    日常的に手を使う仕事をしている、またはアクティブなライフスタイルを送っている場合は、耐久性が高いプラチナが適しています。

     

    デザインの好み

    色や特定のデザインが重要な場合は、色のバリエーションが豊富で加工しやすいゴールドが適しています。

     

    予算

    プラチナはゴールドに比べて希少で、価格も高めです。

    予算に余裕がある場合はプラチナを、コストを抑えたい場合はゴールドを選ぶと良いでしょう。

     

    結婚指輪は長期間にわたって身に着けるものですから、自分たちのスタイルやライフスタイルに最も合った素材を選ぶことが大切です。

    ゴールドとプラチナの世界的な価値と影響力

    ゴールド(金)とプラチナは、それぞれが持つ独特の特性と用途により、世界的な価値と影響力が大きいです。

    以下に、両金属が経済や産業、さらには文化に与える影響について説明します。

    ゴールドの世界的な価値と影響力

    経済的安全性の象徴

    ゴールドは長い歴史を通じて「安全資産」とされ、不安定な経済状況やインフレ期に投資家によって広く求められます。

    これにより、金価格は世界的な経済状況のバロメーターとしても機能します。

     

    貨幣体系への影響

    かつての金本位制では、多くの国の通貨価値が金の保有量に直接結びついていました。

    現在でも、中央銀行は金を大量に保有しており、国の財政安定性を支える要素となっています。

     

    文化的重要性

    世界中の文化で、金は富と地位の象徴とされ、宗教的な儀式や結婚式などで重要な役割を果たします。

    特にインドや中国では、金のジュエリーは結婚式などの重要なイベントに欠かせないアイテムです。

    プラチナの世界的な価値と影響力

    産業用途

    プラチナは自動車の触媒コンバーターで使われるなど、工業用途で非常に重要です。環境規制が厳格化する中、排ガスを浄化する技術において中心的な役割を担っています。

     

    投資と希少性

    プラチナは希少性が高く、投資対象としても魅力があります。

    市場での供給が限られているため、経済的な動向や産業需要によって価格が大きく変動することがあります。

     

    科学技術への貢献

    化学や医療技術においてもプラチナは重要な素材です。

    例えば、がん治療薬の製造に使われることもあり、その科学的な特性が新たな技術開発を支えています。

    まとめ

    ゴールドとプラチナは、それぞれ異なる分野で世界的な価値と影響力を持っています。

    ゴールドは経済的な安全性と文化的価値に大きな影響を与える一方で、プラチナは工業用途や科学技術において不可欠な素材です。

    これらの金属は、その希少性と用途の広さにより、世界経済において重要な位置を占めています。

    宮城県白石市の金買取なら買取大吉セラビ白石店

    金のお品物の買取なら買取大吉セラビ白石店にお任せ下さい。

    買取大吉セラビ白石店は金のお品物の買取を強化しております。

    なので、金の壊れたリング、ちぎれたネックレス、片方しかないピアスも高価買取いたします。

    また少し意外な金のお品物では、万年筆の先の金、メガネのツルの金、金歯、純金カレンダーもお買取りしております。

    ちなみに、たくさん集めたアクセサリー類のどれが金で、どれがメッキ品かわからなくなっても大丈夫です。

    お客様がお持ちのアクセサリー類を一式持ってきていただければ、金とメッキ品の選別も含めて、しっかりとお査定させていただきます。

    宮城県白石市や白石市の近隣地区にお住まいの皆様のご来店を心よりお持ちしております!

    ホームページはこちらから

     

    店舗案内はこちらから

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ご自宅の中で眠っているバッグ、アクセサリー、時計、テレフォンカード、切手などはありませんか?

    買取大吉セラビ白石店では、これらの商品の買取を強化しております。

    金、プラチナなどの貴金属類、ブランドバッグ、ブランド時計、切手、テレフォンカード、金券類を売ることを考えている方は、ぜひ買取大吉セラビ白石店にお査定に来て下さい。

    お客様がお持ちになったお品物に良いお値段がつくように、しっかりとお査定させていただきます。

    もちろん、お査定は無料ですので、お査定だけでもOKです。

    全国約900店舗!口コミ高評価No.1の大吉だから提示できるお値段に自信があります!!

    皆様のご来店を心よりお待ちしております!

    買取大吉セラビ白石店

    電話番号
    フリーダイヤルマーク0120-238-999
    所在地
    〒989-0247
    宮城県白石市八幡町11-1 セラビ白石店 1階
    営業時間
    10:00 ~ 19:00
    定休日
    年中無休 (元旦、臨時休業除く)
    古物商許可
    宮城県公安委員会許可 第221100000501号
    近隣地域
    白石市、蔵王町、大河原町、村田町、角田市、丸森町、七ヶ宿町、国見町、梁川町

    ------------------------------------------------------------

    【店舗情報】

    〒989-0247

    宮城県白石市八幡町11-1 セラビ白石店 1階

    MAP:Googleマップ

    電話番号:0120-238-999

    営業時間:10:00~19:00

    定休日:年中無休(臨時休業を除く)

     

    ※インスタ(フォローをお願いいたします!)

    https://www.instagram.com/daikichi.shiroishi/


    白石市にて金やジュエリーの査定

    白石市でプラチナを丁寧に査定

    ------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。