プラチナは硝酸で溶ける?|プラチナのの特徴や性質を徹底解説

お問い合わせ LINEお問い合わせ

プラチナは硝酸で溶ける?|プラチナのの特徴や性質を徹底解説

プラチナは硝酸で溶ける?|プラチナのの特徴や性質を徹底解説

2024/05/12

プラチナは硝酸で溶ける?|プラチナのの特徴や性質を徹底解説

プラチナが高価で希少な貴金属で指輪やネックレスなどのアクセサリーに使われることが多いです。

そんなプラチナは硝酸に溶けるのでしょうか?

解説したいと思います。

目次

    硝酸とプラチナの関係

    硝酸とプラチナの関係についての特筆すべき点は、プラチナは非常に耐食性のある金属であるため、通常、硝酸だけでは反応しません。

    しかし、プラチナを完全に溶解するためには、硝酸と塩酸の混合物である王水が必要です。

    この王水により、プラチナは溶解し、塩化プラチナ(II)酸などの化合物を形成します。

    これは、硝酸と塩酸がともに強い酸であり、プラチナの強固な金属結合を破壊するのに十分な酸化力と腐食性を提供するためです。

    プラチナの特徴

    プラチナは非常に興味深い特性を持つ貴金属です。その主な特徴は以下の通りです。

     

    耐食性

    プラチナは非常に耐食性が高く、空気や水、多くの化学薬品に対しても安定です。

     

    優れた触媒性質

    化学反応を促進する能力があり、自動車の排気浄化装置や化学産業での触媒として広く使用されています。

     

    高い融点

    融点は約1,769℃と高く、高温下でもその特性を保持します。

     

    加工性と延性

    非常に柔らかく加工しやすいため、細かい線や薄いシートに加工できます。

    また、非常に延性が高く、1グラムのプラチナを約2キロメートルの細い線に伸ばすことができます。

     

    希少性と価値

    自然界には比較的少ない存在であり、その希少性と物理的特性から高い価値を持っています。

     

    これらの特性により、プラチナは宝飾品、工業製品、投資商品としても広く利用されています。

    プラチナの番号とは

    プラチナの「番号」と言えば、通常は元素としての原子番号を指します。

    プラチナの原子番号は78です。これは、プラチナの原子核には78個の陽子が含まれていることを意味します。

    プラチナは周期表の第10族に属しており、遷移金属の一つとして分類されます。

    この元素の化学記号は「Pt」です。プラチナはその特異な化学的および物理的性質により、多くの産業で重要な役割を果たしています。

    試金石でプラチナを見分ける方法

    試金石を用いたプラチナの見分け方は、金や他の貴金属のテストと似ていますが、いくつかの特別なステップが含まれます。以下にその方法を説明します。

     

    試金石の準備

    まず、試金石を清潔にしておきます。これは金属の微細な粒子が試金石に擦り付けられるためです。

     

    金属の擦り付け

    プラチナのアイテムを試金石に擦り付けて、金属の薄い線を引きます。

     

    試薬の使用

    プラチナを特定するための試薬を用意します。

    プラチナ用の試薬は一般的に硝酸と塩酸の混合物で、市販されている場合が多いです。

     

    反応の観察

    試薬を擦り付けた線の上に少量垂らします。

    プラチナはこの試薬である程度の耐性を示しますが、時間が経つにつれて線が徐々に溶け始める場合があります。

    反応が非常に遅いか、またはほとんど反応がない場合、それはプラチナである可能性が高いです。

     

    色の変化

    他の金属(特に白金)は比較的速やかに試薬によって溶解または色が変わることがありますが、プラチナは色の変化が少ないか、全く変わらないことが多いです。

     

    試金石によるテストはあくまで予備的な判断であり、完全な確証にはさらに精密な分析方法や専門的な機器が必要になる場合があります。

    特に高価なアイテムの場合は、専門の鑑定士による検証をお勧めします。

    プラチナの触媒としての活用

    プラチナはその優れた触媒特性により、多くの産業分野で広く活用されています。

    以下はプラチナが触媒として用いられる主な例です。

     

    自動車の排気ガス浄化

    自動車の排気ガス浄化装置である触媒コンバーターには、プラチナが用いられます。

    プラチナは排気ガス中の有害物質(一酸化炭素、窒素酸化物、未燃焼の炭化水素)を無害な物質(二酸化炭素、窒素、水)に変換する役割を担います。

     

    石油精製

    プラチナは、石油精製過程において、炭化水素の改質反応に使われます。

    このプロセスにより、燃料のオクタン価を高めることができ、ガソリンの品質向上に寄与します。

     

    化学合成

    プラチナは多くの化学合成過程で触媒として使用されます。

    特に有機合成反応での水素化反応や異性化反応に効果的であり、薬品や化学物質の製造に貢献しています。

     

    燃料電池

    燃料電池技術において、プラチナは電極材料として重要な役割を果たします。

    特に水素燃料電池において、プラチナは水素と酸素の反応を助け、電気を生成する過程で必要不可欠です。

     

    環境浄化

    空気や水の浄化技術においても、プラチナが含まれる触媒が使用されることがあります。

    これらの触媒は、有害な化学物質を分解し、環境に優しい形で処理します。

     

    プラチナの触媒としての活用は、その高価格と希少性にもかかわらず、その高い効率と持続性から広範囲にわたる産業で依然として重要です。

    プラチナと白金の違い

    プラチナと白金についての誤解がよくありますが、実際にはこれらは同じ元素を指しています。

    プラチナ(Platinum)は化学元素で、その化学記号はPt、原子番号は78です。

    プラチナは非常に耐食性が高く、触媒としても使用されるなどの特徴を持つ貴金属です。

    一方で、日本語で「白金」という言葉はプラチナを指すことが多いですが、時として白色の貴金属一般、特にジュエリー業界においてはプラチナ合金やその他の白色の貴金属(例えばホワイトゴールドやパラジウム)を含む広い範囲を指して使用されることがあります。

    しかし、科学的な観点から見ると、プラチナと白金は基本的に同じものを指します。

    つまり、プラチナは特定の元素を指し、白金はその元素やその色や特性を持つ他の材料を指す場合があると理解すると良いでしょう。

    ジュエリー業界などで材料を選ぶ際には、商品の純度や含まれる他の金属についても確認することが重要です。

    プラチナの化学合成と有用性

    プラチナはその優れた触媒特性と化学的安定性から、化学合成や多くの工業プロセスにおいて重要な役割を果たしています。

    以下にプラチナの化学合成への応用とその有用性について説明します。

    触媒としての活用

    プラチナは多くの化学反応で触媒として用いられます。

    特に以下のような反応において重要です。

     

    水素化反応

    有機化合物に水素を添加し、飽和化合物に変換する反応で、プラチナを触媒として使用します。この反応は医薬品や農薬の製造に不可欠です。

     

    酸化反応

    プラチナは特定の酸化反応を助け、有機化合物の特定の官能基を酸化するのに利用されます。

    石油精製

    プラチナは石油精製工程、特にナフサの改質において重要な役割を担います。

    このプロセスでは、プラチナを基にした触媒が使用され、ガソリンのオクタン価を高めるために炭化水素の構造を変更します。

    環境浄化

    自動車の排気ガスを浄化するために使用される触媒コンバーターには、プラチナが含まれています。

    プラチナは有害な一酸化炭素、窒素酸化物、未燃焼の炭化水素を無害な二酸化炭素、窒素、水に変換します。

    医薬品合成

    プラチナ触媒は特定の医薬品合成にも使用されます。

    例えば、抗がん剤の製造において重要な中間体の生成にプラチナが用いられることがあります。

    燃料電池

    プラチナは燃料電池の電極材料として使用され、特に水素燃料電池においては水素と酸素の反応を促進し、効率的に電気を生成します。

    プラチナのこれらの応用は、その化学的特性によって大きく決定されます。

    高い耐食性、優れた触媒活性、そして高温での安定性がプラチナを多くの産業で非常に価値のある材料にしています。

    プラチナとホワイトゴールドの違い

    プラチナとホワイトゴールドは見た目が似ているため混同されやすいですが、実際にはそれぞれ異なる特性と成分を持っています。

    ここでは、それぞれの特徴と違いを詳しく説明します。

    プラチナ

    素材

    プラチナは化学元素で、その純度は通常90%から95%です。

    残りの5%~10%は他の金属(通常はパラジウム、ルテニウム、イリジウムなどのプラチナグループ金属)です。

     

    重量

    プラチナは非常に重く、同じサイズの金よりも重量があります。

     

    硬度

    純粋なプラチナは比較的柔らかいが、合金としては適度な硬度を持つ。

     

    耐食性

    非常に高い耐食性を持ち、酸化や変色がほとんどありません。

    ホワイトゴールド

    素材

    ホワイトゴールドは金に他の金属(ニッケル、パラジウム、銀など)を混ぜて作られる合金です。

    純金の割合はカラット数によって異なり、18Kホワイトゴールドは75%の金と25%の他の金属から成ります。

     

    重量

    プラチナに比べて軽い。

     

    硬度

    ニッケルを含むホワイトゴールドは硬くて耐久性がありますが、アレルギー反応を引き起こすことがあります。

    パラジウムを使用したホワイトゴールドは柔らかく、アレルギーの心配が少ないです。

     

    耐食性

    プラチナほどではないが、適切なメンテナンスで長持ちします。

    時間が経つと黄ばみが出ることがあり、ロジウムメッキで定期的なメンテナンスが必要です。

     

    価格

    プラチナよりも価格が低く、より手頃です。

     

    これらの違いを理解することで、ジュエリーを選ぶ際の参考になります。

    プラチナはその耐久性と純粋な白さで高級な選択肢とされ、ホワイトゴールドはコストパフォーマンスに優れ、より広い消費者層に受け入れられています。

    プラチナとシルバーの違い

    プラチナとシルバー(銀)は、どちらも貴金属でありながら、多くの点で異なります。

    ここではそれぞれの特性と違いを詳しく説明します。

    プラチナ

    素材

    プラチナは非常に希少な自然界に存在する元素で、化学記号はPt、原子番号は78です。

    非常に耐食性が高く、空気やほとんどの化学反応に対して非常に安定しています。

     

    自然な状態で純白色をしており、輝きが持続します。

     

    重量

    密度が高く、重い金属です。このためジュエリーでは重厚感があります。

     

    硬度

    純粋な状態では柔らかいが、通常は他の金属と合金化して使用され、適度な硬度が得られます。

     

    用途

    高級ジュエリー、触媒コンバーター、燃料電池、投資商品など多岐にわたります。

    シルバー(銀)

    素材

    銀も自然界に存在する元素で、化学記号はAg、原子番号は47です。銀も希少な金属ですが、プラチナに比べるとより広く分布しています。

     

    自然な状態で白い光沢がありますが、空気に触れると酸化して変色することがあります。

     

    重量

    プラチナに比べると軽い。

     

    硬度

    柔らかく、純銀は傷がつきやすいため、ジュエリー用には他の金属と合金化して硬度を高めることが一般的です。

     

    価格

    プラチナよりもはるかに安価で、一般的に広く利用されています。

     

    用途

    ジュエリー、食器、装飾品、電子部品、通貨(硬貨)など広範囲に使用されます。

     

    プラチナとシルバーは見た目が似ているかもしれませんが、重さ、硬さ、価格、耐久性などの面で大きく異なります。

    プラチナはその耐食性と希少性から高価で高級な用途に使われ、シルバーはその美しさと加工の容易さから広く日常的に使用されることが多いです。

    宮城県白石市のプラチナ買取なら買取大吉セラビ白石店

    プラチナのお品物の買取なら買取大吉セラビ白石店にお任せ下さい。

    買取大吉セラビ白石店はプラチナのお品物の買取を強化しております。

    なので、プラチナの壊れたリング、ちぎれたネックレスも高価買取いたします。

    ちなみに、たくさん集めたアクセサリー類のどれがプラチナで、どれがメッキ品かわからなくなっても大丈夫です。

    お客様がお持ちのアクセサリー類を一式持ってきていただければ、プラチナとメッキ品の選別も含めて、しっかりとお査定させていただきます。

    宮城県白石市や白石市の近隣地区にお住まいの皆様のご来店を心よりお持ちしております!

    ホームページはこちらから

     

    店舗案内はこちらから

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ご自宅の中で眠っているバッグ、アクセサリー、時計、テレフォンカード、切手などはありませんか?

    買取大吉セラビ白石店では、これらの商品の買取を強化しております。

    金、プラチナなどの貴金属類、ブランドバッグ、ブランド時計、切手、テレフォンカード、金券類を売ることを考えている方は、ぜひ買取大吉セラビ白石店にお査定に来て下さい。

    お客様がお持ちになったお品物に良いお値段がつくように、しっかりとお査定させていただきます。

    もちろん、お査定は無料ですので、お査定だけでもOKです。

    全国約900店舗!口コミ高評価No.1の大吉だから提示できるお値段に自信があります!!

    皆様のご来店を心よりお待ちしております!

    買取大吉セラビ白石店

    電話番号
    フリーダイヤルマーク0120-238-999
    所在地
    〒989-0247
    宮城県白石市八幡町11-1 セラビ白石店 1階
    営業時間
    10:00 ~ 19:00
    定休日
    年中無休 (元旦、臨時休業除く)
    古物商許可
    宮城県公安委員会許可 第221100000501号
    近隣地域
    白石市、蔵王町、大河原町、村田町、角田市、丸森町、七ヶ宿町、国見町、梁川町

    ------------------------------------------------------------

    【店舗情報】

    〒989-0247

    宮城県白石市八幡町11-1 セラビ白石店 1階

    MAP:Googleマップ

    電話番号:0120-238-999

    営業時間:10:00~19:00

    定休日:年中無休(臨時休業を除く)

     

    ※インスタ(フォローをお願いいたします!)

    https://www.instagram.com/daikichi.shiroishi/


    白石市でプラチナを丁寧に査定

    ------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。