18金と24金の違いは?|特徴、純度、価値などを徹底解説

お問い合わせ LINEお問い合わせ

18金と24金の違いは?|特徴、純度、価値などを徹底解説

18金と24金の違いは?|特徴、純度、価値などを徹底解説

2024/05/01

18金と24金の違いは?|特徴、純度、価値などを徹底解説

金は高価な貴金属で指輪やネックレスなどのアクセサリーに使われることが多いです。

そんな金ですが、18金と24金の違いは何なのでしょうか?

解説したいと思います。

目次

    18金と24金の違いは?

    18金と24金は金の純度に関する用語です。

    金の純度はカラット(金ではKと表記される)で表され、24カラットが金の純度が100%であることを意味します。つまり、24金は純金です。

    一方、18金は金の含有量が75%であり、残りの25%は他の金属で構成されています。

    これらの他の金属(銀、銅、パラジウムなど)が加えられることで、硬度が増し、耐久性が向上し、さまざまな色のバリエーションが生み出されます。

    例えば、18金ホワイトゴールドは、金にパラジウムやニッケルが加えられているものです。

    要約すると、24金は純金で非常に柔らかく傷がつきやすいため、純粋な投資品として好まれることが多いです。

    一方、18金は硬度が高く、実用的なジュエリー製造によく使用されます。

    18金の見た目や使用用途

    18金は見た目が美しく、実用的な用途に非常に適しています。

    18金の具体的な特徴と使用用途について説明します。

    見た目

    色合い

    18金は純金よりも色が少し薄いですが、それでも豊かな光沢があります。

    金の純度が下がると、色が少し薄れる傾向にありますが、それでも高級感は保たれます。

     

    カラーバリエーション

    18金は他の金属が混合されているため、異なる色を作り出すことができます。

    ホワイトゴールド(金にパラジウムやニッケルを加えたもの)、ピンクゴールド(銅の割合を多くしたもの)、イエローゴールドなどがあります。

    使用用途

    ジュエリー

    18金はジュエリー製作に最も一般的に使用される金属の一つです。

    耐久性と美しさのバランスが取れているため、指輪、ネックレス、イヤリング、ブレスレットなど、様々な種類のアイテムに使用されます。

     

    結婚指輪や婚約指輪

    特に結婚指輪や婚約指輪には18金がよく用いられます。

    その理由は、金の美しい光沢と適度な硬度が長期間の使用に耐えるからです。

     

    記念品

    18金製のペンダントやカフリンクスなど、特別な記念品としても人気があります。

    耐久性がありながら、高級感を演出することができます。

     

    18金は、その耐久性と加工しやすさから、幅広いジュエリー製品に用いられ、日常的に着用するためのジュエリーとしても、また特別なギフトとしても非常に適しています。

    18金と24金のメリット、デメリット

    18金と24金は、それぞれ異なる特性を持ち、利点と欠点もそれぞれにあります。

    以下に各々のメリットとデメリットを詳細に説明します。

    24金(純金)

    1.メリット

    純度が高い

    純金は金の含有量が100%であるため、最も純度が高く、貴金属としての価値が非常に高いです。

     

    色の美しさ

    純金は非常に鮮やかな黄金色をしており、この独特の輝きは他の金属では得られない美しさを持っています。

     

    化学的に安定

    純金は錆びたり変色したりすることがなく、非常に安定した金属です。

    アレルギーを引き起こすことも少ないため、敏感な肌にも適しています。

     

    2.デメリット

    柔らかすぎる: 純金は非常に柔らかく、日常的な使用で傷がつきやすいため、ジュエリーとしては形が変わりやすいです。

     

    価格が高い

    純度が高いため価格も高く、投資としては魅力的ですが、実用的なジュエリーとしての購入は高額になりがちです。

     

    実用的な耐久性に欠ける

    純金のジュエリーは特別な場合にしか使えないことが多く、日常使用には不向きです。

    18金

    1.メリット

    適度な硬度と耐久性

    18金は他の金属が混ざっているため、純金よりも硬く、日常的な使用に耐えうる耐久性があります。

    色のバリエーション: ニッケル、銅、パラジウムなどを加えることで、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドなど、様々な色のバリエーションが楽しめます。

     

    価格が比較的手頃

    純金に比べて価格が抑えられており、幅広い層にアクセスしやすいです。

     

    2.デメリット

    純金に比べると価値が低い

    金の含有量が75%に過ぎないため、24金に比べると価値が低くなります。

     

    金属アレルギーの可能性

    混合されている他の金属によっては、金属アレルギーの原因になる可能性があります。

     

    これらの特性から、24金は特に高級感を求める場合や投資目的で選ばれることが多く、18金は日常的に使用するジュエリーや幅広いデザインの選択肢を求める際に選ばれます。

    18金と24金の選び方のポイント

    18金と24金を選ぶ際のポイントは、使用目的、予算、耐久性の要求、デザインの好みなど、いくつかの要因に基づいて判断することが重要です。

    以下、それぞれの要因について具体的に説明します。

    使用目的

    日常使用

    日常的に使用するジュエリーを求めている場合、18金が適しています。耐久性が高く、傷がつきにくいため、頻繁に着用するアイテムに最適です。

     

    投資や特別な場面

    純度が高く希少価値のある24金は、投資目的や特別な記念品として選ぶ場合に適しています。

    純金の輝きは非常に特別感がありますが、日常使用にはあまり向きません。

    予算

    高額を惜しまない場合

    24金は純度が高い分、価格も高くなります。予算に余裕がある場合に適しています。

     

    コストパフォーマンスを重視

    18金は24金に比べて価格が抑えられており、多くのジュエリーブランドでも一般的に使用されています。

    デザイン性と実用性を考慮したい場合には、18金が適しています。

    耐久性

    耐久性を重視

    日常生活での耐久性を重視する場合、18金が望ましいです。

    他の金属との合金であるため、純金より硬く、日常的な着用に耐えることができます。

     

    純度を重視

    最も高い純度を求めるなら24金が適していますが、柔らかいため形が変形しやすい点を考慮する必要があります。

    デザインの好み

    カラーバリエーション

    18金は金に他の金属を混合することで、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドなどさまざまな色を楽しむことができます。

    特定の色のジュエリーを探している場合は、18金が選択肢として豊富です。

     

    クラシックな輝き

    24金の独特の深い黄金色は、クラシックな魅力を持ち、純金特有の輝きを求める場合には適しています。

    これらのポイントを考慮して、目的や好みに合わせて18金または24金を選択することが大切です。個人のライフスタイルや予算、ジュエリーに求める特性をよく考えて、最適な選択を行ってください。

    18金と24金の純金比率と含有量

    18金と24金の純金比率と含有量について詳しく説明します。

     

    24金(24K)

    純金比率: 100%

    含有量: 24金は純金であるため、金の含有量は100%です。つまり、1000部中1000部が金です。

     

    18金(18K)

    純金比率: 75%

    含有量: 18金の金の含有量は75%です。これは、1000部中750部が金で、残りの250部は他の金属(銀、銅、パラジウムなど)で構成されています。

     

    これらの割合は、ジュエリーの品質と価値を示す重要な指標となります。

    24金は純度が高く、最も価値があるとされますが、柔らかくて形が変わりやすいため、実用的なジュエリーとしては18金がより適しています。

    18金は適度な硬さと耐久性があり、日常的に使うジュエリーには最適です。

    18金と24金のカラットと金額計算

    ジュエリーにおける金のカラット数は金の純度を表しますが、カラット(K)と金額の関係は複雑です。

    金額は、金の純度だけでなく、市場価格、製造費、ブランド価値、デザインの複雑さなど多くの要因によって決まります。

    しかし、基本的な金額計算について説明します。

    カラットの説明

    24金 (24K): 100% 純金。24部分中24部分が金。

    18金 (18K): 約75% が純金。24部分中18部分が金で、残りの6部分が他の金属。

    金額の計算方法

    金額を計算する基本的な方法は、金の重量にその時点での金の市場価格を掛けることです。

    ただし、18金のような合金では、金の重量に純度を掛けて、純金の重量を算出し、それに市場価格を掛けます。

     

    市場価格: 1グラムの金の市場価格を仮に$50とします。

    ジュエリーの重量: 20グラムのジュエリーがあるとします。

     

    24金の計算

    金額=20g×$50/g=$1000金額=20g×$50/g=$1000

     

    18金の計算

    純金の重量を計算します(18金は金が75%含まれています)。 純金の重量=20g×0.75=15g純金の重量=20g×0.75=15g

    純金の市場価格で計算します。 金額=15g×$50/g=$750金額=15g×$50/g=$750

    注意点

    実際には、ジュエリーには製造コスト、デザイン料、ブランドプレミアムが加わるため、上記の計算よりも高くなります。

    金価格は市場によって日々変動するため、購入や売却の際は最新の金価格をチェックする必要があります。

    この計算方法を用いて、大まかな金額の見積もりができますが、正確な価格を知るためには、購入する際にはジュエリーショップや金買取業者に直接確認することが推奨されます。

    18金と24金の刻印と相場指標

    18金と24金のジュエリーにはそれぞれ純度を示す刻印が施されており、この刻印は購入時の判断材料として非常に重要です。

    また、金の相場価格は市場での金の価値を示す指標として用いられます。

    刻印の説明

    24金(24K)

    刻印: 「24K」または「999」(これは金が99.9%以上純金であることを示す)

    24金は純金であるため、最も純度の高い刻印がされます。

     

    18金(18K)

    刻印: 「18K」または「750」(これは金の含有率が75%であることを示す)

    18金は金と他の金属の合金であり、ジュエリーで一般的に使用される金属です。

    金の相場指標

    金の価格は国際市場で日々変動し、その価格は多くの要因によって決定されます。

    金の相場価格は通常、トロイオンス(約31.1グラム)あたりのドル価格で表されます。

     

    金価格のチェック方法

    ・金価格の追跡

    金価格はロンドン金市場やニューヨーク商品取引所(NYMEX)などの市場データを通じてオンラインでリアルタイムで追跡することができます。

    ・影響を与える要素

    金価格は、世界的な経済情勢、インフレ率、通貨価値の変動、地政学的な事件など多岐にわたる要因によって影響を受けます。

    金の購入時のポイント

    刻印の確認

    購入するジュエリーに正しい刻印が施されているかを確認してください。

    これにより、そのジュエリーの金の純度を確認することができます。

     

    現行の金価格の把握

    金の購入や投資を検討する際には、最新の市場価格をチェックし、適切なタイミングでの購入を考えることが重要です。

     

    このように、18金と24金のジュエリーを購入する際には、それぞれの刻印と金の相場価格に注意を払い、情報を正しく理解することが重要です。

    18金と24金の強度と加工性の比較

    18金と24金(純金)の強度と加工性について比較すると、それぞれの特性に顕著な違いがあります。

    これらの特性は、ジュエリー製作や使用の文脈で非常に重要です。

    強度

    24金(純金)の強度

    24金は非常に柔らかく、形が変形しやすいです。

    その柔らかさのため、純金で作られたジュエリーは日常使用には向いておらず、特に細かいディテールが施されたり、石が多くセットされたデザインでは、その保持力が不十分になることがあります。

     

    18金の強度

    18金は24金に比べてはるかに強度が高いです。これは、金以外の金属(銅、銀、ニッケル、パラジウムなど)が25%混合されているためです。

    この合金は、日常的な使用に耐えるだけの強度を提供し、傷がつきにくく、形が保持しやすいです。

    加工性

    24金(純金)の加工性

    純金の柔らかさは、加工しやすいという点で一定の利点を提供します。

    柔らかいため、押し出しや引き伸ばしといった加工が容易ですが、細かいデザインや複雑な構造のジュエリーには不向きで、簡単に歪む可能性があります。

     

    18金の加工性

    18金は純金よりも硬いため、加工時にはやや力が必要ですが、より精密で複雑なジュエリーデザインが可能です。

    加えて、色々な色(ホワイトゴールド、ピンクゴールドなど)を作り出すことができるため、デザイナーにとって多様な創造的選択肢を提供します。

    総括

    24金はその美しさと純度で価値がありますが、日常使いや複雑なデザインには適していません。

    主に投資目的や装飾品、特別な場合に適した素材です。

    18金はその強度と加工性のバランスが取れており、日常的なジュエリー使用や様々なジュエリーデザインに最適です。

    商業的にも最も一般的に使用される金の種類です。

    これらの違いを理解することで、購入や製作時に最適な金属選びができます。

    18金と24金のブランド価値と評判

    18金と24金それぞれに関連するブランド価値と評判についての理解は、金の用途や市場での位置付けに依存します。

    ジュエリー業界内でのこれらの金属の見られ方を詳しく見てみましょう。

    24金(純金)

    ブランド価値

    高純度と象徴性: 24金は100%純金であるため、純度の高さが特に価値あるとされています。

    純金はしばしば富と地位の象徴として捉えられ、特にアジア諸国では結婚式や特別なギフトとして重宝されます。

     

    投資価値

    24金は貨幣価値の保存としても見られており、経済的な不確実性の時期には安全な投資先として人気があります。

     

    評判

    柔らかさとデリケートさ: 純金は非常に柔らかく、簡単に形が変形するため、日常使用には適していないとされることがあります。

    しかし、その純度と輝きは非常に高く評価されています。

    18金

    ブランド価値

    ・実用性と美的魅力のバランス

    18金は75%が純金で、残りは他の金属で構成されているため、強度と耐久性が増しています。

    これにより、より日常的に使えるジュエリーとして人気があります。

    ・多様なデザイン

    18金はホワイトゴールド、ローズゴールド、イエローゴールドなど、様々な色を実現することができるため、デザイナーにとっての創造的な自由度が高いです。

     

    評判

    ・広範な受容

    18金はジュエリー業界で非常に一般的に使用され、その適度な価格と高い耐久性で好評を得ています。

    一般的なジュエリー購入者にとって、18金は「スタンダード」と見なされており、日常使いや特別な場でも広く受け入れられています。

    ・アレルギーへの配慮

    18金はニッケルなどの他の金属を含むことがあり、一部の人にはアレルギー反応を引き起こす可能性があることも知られています。

    ただし、使用される合金の組み合わせによっては、アレルギーを引き起こしにくいものもあります。

     

    このように、24金と18金はそれぞれ異なる利点と限界を持っており、消費者のニーズや用途によって選択されます。

    24金はその純度と投資価値で、特に高級感と伝統的価値を重視する市場で高く評価されています。

    一方、18金はその汎用性とデザインの多様性で、広範なジュエリー市場において一般的な選択肢となっています。

    宮城県白石市の金買取なら買取大吉セラビ白石店

    金のお品物の買取なら買取大吉セラビ白石店にお任せ下さい。

    買取大吉セラビ白石店は金のお品物の買取を強化しております。

    なので、金の壊れたリング、ちぎれたネックレス、片方しかないピアスも高価買取いたします。

    また少し意外な金のお品物では、万年筆の先の金、メガネのツルの金、金歯、純金カレンダーもお買取りしております。

    ちなみに、たくさん集めたアクセサリー類のどれが金で、どれがメッキ品かわからなくなっても大丈夫です。

    お客様がお持ちのアクセサリー類を一式持ってきていただければ、金とメッキ品の選別も含めて、しっかりとお査定させていただきます。

    宮城県白石市や白石市の近隣地区にお住まいの皆様のご来店を心よりお持ちしております!

    ホームページはこちらから

     

    店舗案内はこちらから

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ご自宅の中で眠っているバッグ、アクセサリー、時計、テレフォンカード、切手などはありませんか?

    買取大吉セラビ白石店では、これらの商品の買取を強化しております。

    金、プラチナなどの貴金属類、ブランドバッグ、ブランド時計、切手、テレフォンカード、金券類を売ることを考えている方は、ぜひ買取大吉セラビ白石店にお査定に来て下さい。

    お客様がお持ちになったお品物に良いお値段がつくように、しっかりとお査定させていただきます。

    もちろん、お査定は無料ですので、お査定だけでもOKです。

    全国約900店舗!口コミ高評価No.1の大吉だから提示できるお値段に自信があります!!

    皆様のご来店を心よりお待ちしております!

    買取大吉セラビ白石店

    電話番号
    フリーダイヤルマーク0120-238-999
    所在地
    〒989-0247
    宮城県白石市八幡町11-1 セラビ白石店 1階
    営業時間
    10:00 ~ 19:00
    定休日
    年中無休 (元旦、臨時休業除く)
    古物商許可
    宮城県公安委員会許可 第221100000501号
    近隣地域
    白石市、蔵王町、大河原町、村田町、角田市、丸森町、七ヶ宿町、国見町、梁川町

    ------------------------------------------------------------

    【店舗情報】

    〒989-0247

    宮城県白石市八幡町11-1 セラビ白石店 1階

    MAP:Googleマップ

    電話番号:0120-238-999

    営業時間:10:00~19:00

    定休日:年中無休(臨時休業を除く)

     

    ※インスタ(フォローをお願いいたします!)

    https://www.instagram.com/daikichi.shiroishi/


    白石市にて金やジュエリーの査定

    ------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。