純金とは?|特徴、用途、純度などを徹底解説

お問い合わせ LINEお問い合わせ

純金とは?|特徴、用途、純度などを徹底解説

純金とは?|特徴、用途、純度などを徹底解説

2024/05/02

純金とは?|特徴、用途、純度などを徹底解説

金は高価な貴金属で指輪やネックレスなどのアクセサリーに使われることが多いです。

そんな金ですが、純金とはどのような金を意味するのでしょうか?

解説したいと思います。

目次

    純金とは

    純金とは、金(ゴールド)の純度が100%の状態を指します。

    化学記号では「Au」と表され、純度が24金(24K)とも呼ばれます。純金は非常に柔らかく、純粋な形では日常的に使われるジュエリーや他の工芸品には適していません。

    そのため、実用的なジュエリーや工芸品を作る際には、他の金属を少量混合して硬度を上げる合金が作られます。

    純金はその美しい光沢と錆びにくい性質で価値が高く、投資や貯蔵としても使用されます。

    純金の価値

    純金の価値は、主にその時の金市場における金の価格によって決定されます。

    金の価格は、世界経済の状況、通貨の価値、市場の需要と供給、地政学的な状況、そして投資家のセンチメントなど多くの要因に影響されます。

    金価格は通常、トロイオンス(約31.1グラム)あたりのドルで表されますが、国によってはグラム単位での表示もあります。

    金の価格は常に変動しているため、リアルタイムまたは最新の市場価格を確認することが重要です。

    金は伝統的に安全な投資先と見なされ、経済の不確実性が高まるときにはその価値が上がることがよくあります。

    純金の具体的な価値を知るには、金の現在の市場価格をチェックするか、金融ニュースソース、銀行、または金取引を専門とする機関のウェブサイトを参照することが最適です。

    純金と他の金製品との違い

    純金と他の金製品との主な違いは、金の純度とその使用目的にあります。

    以下にそれぞれの特徴を説明します。

    純金 (24金)

    純度

    純金は金の含有率が100%で、24カラットと表記されます。

     

    特徴

    非常に柔らかく、加工が容易ですが、その柔らかさのために日常使用には適していません。

    非常に高い耐食性を持ち、時間が経っても色あせたり錆びたりすることがありません。

     

    用途

    主に投資用金地金、一部の高級装飾品、宗教的・文化的な装飾品に使用されます。

    他の金製品 (合金)

    純度

    金の含有率は100%未満で、一般的には18カラット(75%の金)、14カラット(約58.5%の金)、10カラット(約41.7%の金)などがあります。

     

    特徴

    純金に他の金属(銀、銅、ニッケル、パラジウムなど)を加えることで硬さと耐久性を高め、日常生活での使用に耐えるようにしています。

    加える金属の種類や比率により、色や光沢も変わります。

     

    用途

    ジュエリー、時計、装飾品など、実用的なアイテムに広く使用されます。

    価格と投資価値

    純金

    金の市場価格に直接影響され、投資としての価値が高いです。

     

    金合金製品

    純金の価格に加えて、デザインやブランド、工芸技術による付加価値が考慮されるため、純金自体の価値だけでなく、製品全体としての価値が評価されます。

     

    純金はその柔軟性と純粋な形態で特別視されますが、日常的な耐久性を必要とする用途では、金合金がより実用的です。

    それぞれの金製品の選択は、使用目的、価値、耐久性のバランスを考慮して行うことが重要です。

    純金製品の製造と品質

    純金製品の製造に関しては、以下のポイントが重要です。

    製造プロセス

    精錬と精製

    金を採掘後、不純物を取り除くために精錬が行われます。

    このプロセスで、金はほぼ100%純度の状態になります。

     

    鋳造

    純金はその柔らかさのため、通常は比較的単純な形状に鋳造されます。

    細かいディテールが必要な場合は、しばしば他の金属が添加されて金合金が用いられます。

     

    加工

    純金は柔らかく扱いやすいため、ハンマーや圧延機を使って所望の形に加工することができます。

    しかし、その柔らかさから、細かいデザインや複雑なパターンは実現が難しいです。

    品質管理

    純金製品の品質は、主に金の純度によって決定されますが、製造過程での品質管理も非常に重要です。

     

    純度の検証

    純金は24カラットと表示され、100%の金含有率を意味します。

    この純度が守られているかを確認するため、正確な化学的分析が必要です。

     

    品質保証

    製品が市場に出る前に、各製品が規定の品質基準を満たしているかを確認するための検査が行われます。

    これには視覚的検査や物理的テストが含まれます。

    特性と利用

    柔らかさと加工性: 純金は非常に柔らかく、簡単に形が変えられるため、加工しやすいという特性があります。

    しかし、この特性が原因で日常使いのジュエリーには適していない場合が多いです。

     

    耐食性

    純金は錆びることがなく、非常に高い耐食性を持っています。

    これにより、長期間にわたってその輝きと色を保つことができます。

     

    純金製品はその美しさと純度から高い価値を持ちますが、その柔らかさと限定的な用途から、多くの場合、特定の装飾品や投資目的で利用されます。

    日常使用に耐えうる製品を作るためには、他の金属を混合した合金が用いられることが一般的です。

    純金製品の保管と注意点

    純金製品の保管と取り扱いには、その特性により特別な注意が必要です。

    以下は、純金製品を適切に保管し、維持するためのいくつかの重要な点です。

    保管方法

    柔らかさに配慮

    純金は非常に柔らかく、他の物体との接触によって簡単に傷がつく可能性があります。

    純金製品は柔らかい布やベルベットの袋に個別に包んで保管すると良いでしょう。

     

    専用の保管場所

    宝石箱や金庫など、純金製品専用の保管場所を設けることが理想的です。

    これにより、他のジュエリーや硬い物体との接触を避けることができます。

     

    安全性の確保: 盗難や紛失を防ぐため、金庫またはセキュリティの高い保管施設を利用することが望ましいです。

    取り扱いの注意点

    装着時の注意

    純金は傷がつきやすいため、日常の活動中に純金製品を身につける際には注意が必要です。

    特に、手作業や粗い活動を行う場合は避けましょう。

     

    化学物質との接触を避ける

    純金は化学反応を起こしにくい金属ですが、化粧品や洗剤などの化学物質に長時間晒されると変色する可能性があります。

    使用後は柔らかい布で優しく拭き取ることが推奨されます。

     

    定期的な検査とクリーニング: 定期的に専門家による検査を受けることで、純金製品の状態を保ち、必要に応じてクリーニングやメンテナンスを行うことができます。

    クリーニング方法

    純金製品のクリーニングは、穏やかに行う必要があります。以下の手順で行うと良いでしょう。

    温水とマイルドな石鹸: 純金製品を温水と非アブレイシブ(研磨剤不使用)の石鹸で優しく洗います。

     

    柔らかいブラシ

    細かいディテールがある場合は、柔らかい毛のブラシで穏やかに洗いましょう。

     

    水で洗い流す

    石鹸を完全に洗い流した後、清潔な水で純金製品をすすぎます。

     

    柔らかい布で乾燥

    清潔な柔らかい布で優しく拭いて乾燥させます。

     

    これらの手順により、純金製品を安全に保管し、長期間その美しさを保つことができます。

    純金製品の販売と買取

    純金製品の販売と買取については、いくつかの要素が関わっています。

    これらのプロセスは専門性が高く、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

    純金製品の販売

    業者の選定

    純金製品を販売する際は、信頼できる宝石店や金貴金属取引所、オンラインマーケットプレイスを選ぶことが重要です。

    専門知識を持つ業者は、製品の価値を正しく評価し、適正な価格での取引が期待できます。

     

    価格設定

    純金製品の価格は、その時点の金の市場価格(スポット価格)に大きく依存します。

    市場価格は日々変動するため、販売を計画する際には最新の金価格を確認することが重要です。

     

    品質と証明

    販売する純金製品が本物であることを証明するために、適切な品質証明書や鑑定書を提供することが望ましいです。

    これにより、購入者の信頼を得ることができます。

    純金製品の買取

    評価と査定

    買取業者に純金製品を持ち込む際、まず専門の査定士による評価が行われます。

    この評価には、金の純度、重量、市場価格、さらには製品の状態などが考慮されます。

     

    業者の選定

    買取を依頼する業者選びは慎重に行いましょう。

    評判の良い買取専門店や、信頼性の高いジュエリーショップ、オンラインの買取サービスが選択肢になります。

     

    見積もりと交渉

    複数の買取業者から見積もりを取ることで、最も良い条件を提示する業者を選ぶことができます。

    提示された価格が市場価格に見合っているかを確認し、必要に応じて交渉も検討しましょう。

    安全性の確保

    純金製品の取引を行う際には、詐欺や盗難のリスクを避けるため、取引の透明性を確保し、すべての取引記録を保持することが重要です。

    信頼できる業者との取引を心掛け、可能であればレビューや口コミを確認してください。

     

    これらのポイントに注意を払うことで、純金製品の販売や買取を安全かつ公正に行うことができます。

    純金の歴史と金市場

    純金の歴史と金市場について説明します。

    純金の歴史

    純金は古代から現代にかけて、その美しさと耐久性により価値が認められてきました。

    金は紀元前4000年頃から既に人間によって使用されており、古代エジプト、メソポタミア、インド、中国などの文明では、金が宝飾品、通貨、宗教的象徴として広く利用されていました。

     

    通貨としての金

    金は多くの文明で貨幣の基準となり、特に金本位制の下で重要な役割を果たしました。

    金本位制は、一国の通貨価値を一定量の金に固定する制度で、19世紀から20世紀初頭にかけて多くの国で採用されていました。

    この制度は、第一次世界大戦を機に徐々に廃止されていきましたが、金の重要性は投資商品として現在も続いています。

     

    文化的価値

    金はその希少性と加工のしやすさから、ジュエリー製造や芸術作品の素材としても重宝されています。

    多くの文化で金は豊穣や富、地位の象徴とされており、重要な祭事や儀式には欠かせない素材です。

    金市場

    金市場は非常にグローバルで、投資、製造、中央銀行の保有など様々な用途で金が取引されています。

     

    主要な取引場

    金の取引は世界中の金融市場で行われていますが、ロンドン金市場、ニューヨークのコモディティ取引所(NYMEX)、香港、上海などが主要な取引市場です。

    これらの市場では、金のスポット価格と先物価格が日々設定されます。

     

    価格の決定要因

    金の価格は、供給と需要のバランスによって決まりますが、地政学的リスク、通貨価値の変動、インフレ率、経済成長率などの経済指標によっても大きく影響を受けます。

    また、投資家のセンチメントが市場の不安定さを増す時、金は「安全な避難先」としての役割を果たし、価格が上昇することが一般的です。

     

    金の保有と投資

    中央銀行や大規模な機関投資家はしばしば大量の金を保有しており、これは通貨の価値を裏付ける手段として利用されます。

    一方、個人投資家も金地金、金ETF(上場投資信託)、金採掘会社の株式など、様々な形で金に投資することが可能です。

     

    純金および金市場は古代から現代に至るまで、その価値が持続しているため、経済や文化の面で非常に重要な位置を占めています。

    これらの背景を理解することは、金に関連する取引や投資を考える際に役立ちます。

    純金の特性と用途

    純金は金(ゴールド)の最も純粋な形態で、化学的には金の元素記号「Au」で表され、純度が100%または24カラットです。

    以下に純金の主な特性とそれに基づく用途を説明します。

    純金の特性

    柔らかさ

    純金は非常に柔らかく加工しやすい金属です。これにより、成形や延伸が容易ですが、純金だけで作られた製品は日常使用には適していません。

    通常、他の金属と合金を形成して硬度を上げる必要があります。

     

    耐食性

    純金は非常に高い耐食性を持っています。

    空気や水にさらされても錆びたり変色したりすることがありません。

    これは、金が非常に安定した金属であるためです。

     

    導電性と熱伝導性

    純金は優れた電気および熱の伝導体です。この特性は、電子機器のコネクタや他の工業用途に非常に有用です。

     

    化学的非活性

    金はほとんどの化学反応を起こさず、多くの酸やアルカリにも反応しません。

    このため、化学的に過酷な環境でも使用可能です。

     

    美観

    金はその自然な輝きと美しさで知られており、長い間装飾品や芸術作品の材料として高く評価されています。

    純金の用途

    投資

    金は伝統的な財産保存の手段として広く用いられています。

    金地金やコインとして保存され、市場の不安定さやインフレに対する保険と見なされることが多いです。

     

    宝飾品

    純金は特に高級ジュエリーの製造に使用されますが、純金そのものが非常に柔らかいため、多くの場合、他の金属と合金を形成して硬度を高めてから使われます。

     

    電子工業

    高い導電性と耐腐食性から、純金は電子機器のコネクタや回路板の接点など、信頼性が求められる部分に用いられます。

     

    医療技術

    金の生体適合性と化学的非活性により、医療機器や治療で使用されることがあります。

    例えば、小さな医療用インプラントや診断機器に使われることがあります。

     

    金工芸

    純金は伝統的な工芸品や美術品の材料としても使用されます。

    特にアジアの文化では、純金を使用した仏像や神像が重要な宗教的象徴とされています。

     

    純金のこれらの特性と用途から、その汎用性と価値が広範にわたることがわかります。

    純金はその実用性だけでなく、文化的・象徴的な価値も非常に高く評価されています。

    純金製品の留意点とメリット

    純金製品を取り扱う際にはいくつかの留意点がありますが、同時に多くのメリットも享受できます。

    以下、それぞれについて詳しく説明します。

    純金製品の留意点

    柔らかさと傷つきやすさ

    純金は非常に柔らかいため、日常の使用で簡単に傷がついたり変形する可能性があります。

    これにより、純金製のジュエリーや装飾品は特に注意して扱う必要があります。

     

    高価格

    純金は金の中で最も純度が高いため、価格も非常に高くなります。

    そのため、購入や保有には相応の投資が必要です。

     

    盗難リスク

    高価な財産であるため、純金製品は盗難のリスクに特に注意を要します。

    安全な保管方法を考える必要があります。

    純金製品のメリット

    長期価値の保存

    純金は経済的な不確実性やインフレに強く、長期的な価値保存手段として非常に優れています。そのため、多くの人々にとって魅力的な投資対象です。

     

    耐腐食性

    純金は錆びたり変色したりすることがないため、長期間にわたってその輝きを保つことができます。

    これはジュエリーや装飾品にとって非常に重要な特性です。

     

    高い流動性

    金は世界中で広く認知されており、流通しているため、純金製品は容易に現金化することができます。

    これは、緊急時の資金調達手段としても有効です。

     

    文化的・象徴的価値

    金は多くの文化で富や地位の象徴とされています。

    純金製品は特別なギフトや家族の遺産として受け継がれることが多く、世代を超えて価値を持続します。

     

    アレルギー反応が少ない

    純金は非常に純度が高いため、他の金属アレルギーを持つ人でも安心して使用することができます。

     

    純金製品を選ぶ際には、これらのメリットを享受するために、適切な保管と注意深い取り扱いが必要です。

    また、それぞれの用途や目的に合った形での利用が求められます。

    これにより、純金の持つ真の価値を最大限に引き出すことができるでしょう。

    宮城県白石市の金買取なら買取大吉セラビ白石店

    金のお品物の買取なら買取大吉セラビ白石店にお任せ下さい。

    買取大吉セラビ白石店は金のお品物の買取を強化しております。

    なので、金の壊れたリング、ちぎれたネックレス、片方しかないピアスも高価買取いたします。

    また少し意外な金のお品物では、万年筆の先の金、メガネのツルの金、金歯、純金カレンダーもお買取りしております。

    ちなみに、たくさん集めたアクセサリー類のどれが金で、どれがメッキ品かわからなくなっても大丈夫です。

    お客様がお持ちのアクセサリー類を一式持ってきていただければ、金とメッキ品の選別も含めて、しっかりとお査定させていただきます。

    宮城県白石市や白石市の近隣地区にお住まいの皆様のご来店を心よりお持ちしております!

    ホームページはこちらから

     

    店舗案内はこちらから

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ご自宅の中で眠っているバッグ、アクセサリー、時計、テレフォンカード、切手などはありませんか?

    買取大吉セラビ白石店では、これらの商品の買取を強化しております。

    金、プラチナなどの貴金属類、ブランドバッグ、ブランド時計、切手、テレフォンカード、金券類を売ることを考えている方は、ぜひ買取大吉セラビ白石店にお査定に来て下さい。

    お客様がお持ちになったお品物に良いお値段がつくように、しっかりとお査定させていただきます。

    もちろん、お査定は無料ですので、お査定だけでもOKです。

    全国約900店舗!口コミ高評価No.1の大吉だから提示できるお値段に自信があります!!

    皆様のご来店を心よりお待ちしております!

    買取大吉セラビ白石店

    電話番号
    フリーダイヤルマーク0120-238-999
    所在地
    〒989-0247
    宮城県白石市八幡町11-1 セラビ白石店 1階
    営業時間
    10:00 ~ 19:00
    定休日
    年中無休 (元旦、臨時休業除く)
    古物商許可
    宮城県公安委員会許可 第221100000501号
    近隣地域
    白石市、蔵王町、大河原町、村田町、角田市、丸森町、七ヶ宿町、国見町、梁川町

    ------------------------------------------------------------

    【店舗情報】

    〒989-0247

    宮城県白石市八幡町11-1 セラビ白石店 1階

    MAP:Googleマップ

    電話番号:0120-238-999

    営業時間:10:00~19:00

    定休日:年中無休(臨時休業を除く)

     

    ※インスタ(フォローをお願いいたします!)

    https://www.instagram.com/daikichi.shiroishi/


    白石市にて金やジュエリーの査定

    ------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。